ブログ

2019/10/01

穂平線

壱岐の深江田原(水田)も離島にしては広いです。壱岐・対馬・五島から水平線が見えます。茨城県の河内町では穂平線(すいへいせん)が見えるそうです。町長室では「トラフグ」の養殖の研究もされているようです。古代、壱岐島など北部九州に広まった稲作は、日本海沿い、瀬戸内海沿い、太平洋沿岸沿いなどのルートで東上していったのでしょう。関東平野に到達したのはいつの頃なのでしょうか?


千葉県の佐倉市にある、国立歴史民俗博物館に、稲作の広がりの展示がされているようですね。日本のネコのルーツは壱岐の島から。

過去のブログ一覧