ブログ

2019/08/01

つくばみらい

茨城県のつくばみらい市は、茨城県のつくば市に隣接する市です。人口は5万人。江戸時代を疑似体験できるワープステーション江戸があります。映画やテレビの番号のロケにも使われています。樺太が島であることを発見した、間宮林蔵が生まれた地域です。間宮海峡として名前が残っていますね。作家の吉村昭が小説「間宮林蔵」を著しています。九州の長崎とも関連する人物ですね。松浦武四郎といい寒さに耐えて北海道の調査に携わった間宮林蔵です。つくばみらいには、九州ではないのに、福岡や長崎の地名があるようです。福岡堰は桜の名所。


ワープステーション江戸https://www.warpstationedo.com/


長崎市シーボルト記念館には、間宮林蔵の肖像(複製)が展示されています。



まず、名刺作りから、つくばみらいのデザイン事務所さんがありましたので、問い合わせしています。つくばみらいから、リコジェで IT GO!

過去のブログ一覧